スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Messigny

今回は私がとても好きなルールであるMessignyを解説したいと思います。

1.盤上に置かれている双方の同種の駒は、1手使ってその位置を交換することができる。
 王と玉は同一の駒とみなすので交換可能。成駒と生駒は区別する。
2.交換するときに駒を裏返すことは出来ない。
3.行き所のない駒や二歩が発生するような交換は禁手。

以上が基本的なルールです(純粋ルール)
しかしややこしいことに以下の条件を付けることによって欧州ルールと日本ルールに別れます(笑)

純粋ルール  入れ替えに関して制限はしない
欧州ルール  相手が駒を入れ替えた直後の手番に駒を入れ替えることを禁ずる
日本ルール  直前の局面に戻す手を禁ずる

かなりややこしいのでここで例題をひとつ。

2012-07-31d.png

これを欧州ルールで解くと34と、同と、23王/15玉(詰上がり①)までの3手になります。
欧州ルール以外では、詰上がり①から純粋ルールだと23玉/15王、日本ルール(純粋ルールでも)26と/34とがそれぞれあるので詰みではありません。

また日本ルールでは33と/26と、15玉/23王、26と/44と(詰上がり②)まで3手となります。
この場合、1手目と2手目が入れ替えになってるので欧州ルールの「相手が駒を入れ替えた直後の入れ替えは禁ずる」に反するため、欧州ルールでは詰みません(できません)。また純粋ルールでは詰上がり②から26と/44と、とできるので詰みにはなりません。

2012-07-31b.png2012-07-31c.png

ちなみにMessingyはフランスの地名らしくメッシニー(シは延ばさない?)と読むらしいです。
あまりメジャーなルールではありませんが、そこまで複雑なルールでもなく面白いのでおすすめです。
ただ、Messignyやキルケ系のルールは/など表記が面倒なのがネックですね。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

どなんざ

Author:どなんざ
ばかではあるがまだ最悪ではない。
自殺はあまり得意ではない。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。